出版基礎知識

本のサイズ(寸法)

A4判
210mm×297mm
B5判
182mm×257mm
A5判
148mm×210mm
B6判
128mm×182mm
菊判
152mm×218mm
四六判
127mm×188mm
新書判
105mm×173mm
B6判(文庫判)
105mm×148mm

その他サイズは自由です

紙見本(基本仕様)

専門用語

オフセット印刷
版からブランケットへインキを転写し、紙に印刷する方式です。 カラー印刷や文章物もほとんどがオフセット印刷で印刷されています。
オンデマンド印刷
少量・微量向きの印刷方法でインキではなく、トナー方式でモノクロドキュテック、カラードキュテックなどのオンデマンド印刷機で印刷します。
CTP
Computer to plateの略でコンピューターから直接版を出力して印刷が可能。フィルム出力がない分コストダウンができて、尚且つ高品質です。
見返し
表紙の裏側に貼られる紙のことで、表紙の強化にもなり高級感も出ます。見返しを付けることで、本に厚みが出るという効果もあります。
文章以外の場所の、左右上部や左右下部などに小さな字で入れる、見出しやタイトルなどです。
PP加工
ポリプロピレンフィルムと紙を熱圧着する加工です。光沢が出て傷が付きにくくなります。クリアPPは光沢があり、 マットPPは光沢が少ない仕上がりです。
上製本
ハードカバーとも呼ばれています。表紙が3mmほどの厚みのあるボール紙を使います。丸背と角背があり本の厚みが10mmを超えると丸背が選択できます。
並製本
ソフトカバーとも呼ばれています。ペーパーバックも並製本です。市販の本はこの製本方式が主流です。
版下入稿
ワード・エクセルなどのワープロソフトで文字入力、ページレイアウトしたものを、プリンター出力したもの(出力原稿)を入稿する場合が版下入稿です。
データ入稿
プリントアウトした原稿ではなく、ワードデータ・エクセルデータ・イラストレーターデータなど、データそのものを入稿する場合がデータ入稿です。
ノンブル
ページ番号のことです。

書籍の構造

書籍の構造

本のとじ加工

本のとじ加工